一緒にペットマトを育てよう!!

「プチトマト編」

品種:レジナ(赤) <ナス科/多年草>
学名:Lycopersicum Esculentum
江戸時代の呼び名:唐柿、赤茄子、蕃茄、小金瓜、珊瑚茄子など
原産地:アンデス山脈高原地帯、西斜面
(※原産国、発芽率などは商品に記載しています。)

発芽適温 20℃~25℃
発芽温度 10℃~35℃
生育適温 15℃~30℃
耐寒温度 5℃
耐暑温度 40℃

①栽培の準備をしよう



(1)ペットボトルの9分目までお水を入れます。
(2)ペットマトホルダーをペットボトルにセットしましょう。
(3)できるだけ太陽の光が当たる窓辺や栽培用ライトで育てましょう。
(4)紙や布等でペットボトルにカバーをしましょう。ペットボトル内を遮光することにより藻の発生を抑えることができます。
※ペットマトホルダーをセットする際、フィルターを一度完全に濡らすことで発芽しやすくなります。


②タネをまこう



(1)フィルターの上に2~3粒種をまいて、種が隠れる程度までアップサンドを入れてください。
(2)種が途中で乾燥しないよう、水滴を垂らしてアップサンドをよく湿らせてください。(最初の1回のみ)
(3)発芽するまでは動かさないようにしましょう。種が動くと、ストレスで発芽しない可能性があります。


③発芽を待とう



(1)約1~2週間後に発芽します。
(2)たくさん発芽した場合、芽が1本になるように、はさみ等で間引きをして下さい。水と栄養を独り占めできます。
(3)発芽しない場合はリベンジしましょう。


④本葉が出たら肥料をあげましょう



(1)本葉が出たら水500mlに対し付属の微粉肥料をスプーンですりきり1~2杯入れ、水によく溶かしてください。
※本葉が出る前に肥料を入れてしまうと、ストレスで枯れてしまう原因になるので注意しましょう。


⑤育てよう!!

(1)お水は1週間に1回を目安に入替えましょう。育ってくると水の減りが早くなるので、その場合はマメに水を足してください。
(2)肥料はお水を替える時に入れてください。
※もし、葉が黄色くなっていれば"肥料不足"。葉が内側にくるっと丸まっていれば"肥料過多"のサインですので参考にしましょう。
(3)なによりも、植物が「生きている」ことを忘れないでください。


⑥収穫しよう!!



(1)花が咲いたら、筆や指先で花をやさしく揺らしてください。受粉することで、実をつけます。
(2)実が大きくなり真っ赤に色づいた時が収穫のタイミングです。


収穫したトマトが甘いかどうかを確認する裏技

コップに水を7~8分目まで入れ、収穫したトマトを入れてみましょう。
糖分が多く甘い物はどんどん底に沈んでいきます。
逆に糖分が少ないものはプカプカと浮いてしまいます。
収穫して食べる前に、是非一度試してみてください!!


トマトの豆知識

枯れた土地や本来植物の生育には適さない塩分の多い土地などでも
たくましく育つ逆境に強い植物です。


※「ペットマト専用支柱」の取り扱いがございます。
支柱はつる性の植物や倒れやすい植物を育てる際に、生長を助ける役目を果たします。

【支柱ご希望の方はこちらまで】