一緒に“世界最小の畑”を育てよう!!



「プチトマト編」

品種:レジナ(赤) <ナス科/多年草>
学名:Lycopersicum Esculentum
江戸時代の呼び名:唐柿、赤茄子、蕃茄、小金瓜、珊瑚茄子など
原産地:アンデス山脈高原地帯、西斜面
(※原産国、発芽率などは商品に記載しています。)

発芽適温 20℃~25℃
発芽温度 10℃~35℃
生育適温 15℃~30℃
耐寒温度 5℃
耐暑温度 40℃


①フィルムをはがす

・はさみ等でフィルムを切り取ってください。その際土の粉がこぼれるので、汚れてもいい場所で作業してください。


②トレーにセットする

・フィルターがトッレーの真ん中にセットされていることを確認し、エクセルソイル(土)をトレーに乗せてください。


③水で湿らせる



・エクセルソイル(土)の上から少しずつ水を与えて、土全体をしっかりと湿らせてください。
※その際、入れすぎると水が溢れてしまうので注意してください。


④種まき



・エクセルソイル(土)には2ほんのうねがあります。蒔く数は自由ですが、1本のうねに約4~5粒を目安に種まきしてください。


⑤ミニチュアハウスで育てる



・密閉するとハウスの中で結露してしまうので、下に隙間ができるようハウスとトレーの耳を反対に向けてかぶせてください。
ハウスの中で空気が循環するようになり、結露しにくくなります。


⑥デスクで育てる

・デスクやテーブルの上で楽しめます。発芽を楽しんだり、スプラウト(新芽)を収穫したり。でもほとんどの植物は太陽の光が主食なので、デスクやテーブルなど直射日光が当たらない場所で育てると葉が光を求めて生長するのでカイワレダイコンのようにひょろっと間延びして育ちます。


⑦窓辺で育てる

・太陽の光をサンサンと浴びれる場所は植物が元気に育ちます。なぜなら植物は光をエネルギーに変えて大きくなるからです。太くたくましく、出来るだけおいしく育てたい方にはオススメです。


⑧本格的に育てる

・もっと大きく育ててみたい、たくさん収穫してみたい。そんなときは、本格的に育てることもできます。プランター等にエクセルソイル(土)ごと植え替えてください。植物は根をのばせるスペースが広いと、その分苗も大きく育ちます。植物の特徴にあった肥料の成分や配分、水やりや日照など様々な条件でいろんな結果を楽しめます。


【hatakeを育てるコツ】
①毎日見てあげる。
②土が乾かないようにマメに水をあげる。
③太陽の光を当ててあげる。
④植物は生き物です。


トマトの豆知識

枯れた土地や本来植物の生育には適さない塩分の多い土地などでも
たくましく育つ逆境に強い植物です。



収穫したトマトが甘いかどうかを確認する裏技

コップに水を7~8分目まで入れ、収穫したトマトを入れてみましょう。
糖分が多く甘い物はどんどん底に沈んでいきます。
逆に糖分が少ないものはプカプカと浮いてしまいます。
収穫して食べる前に、是非一度試してみてください!!


※微粉肥料(ハイポネックス)の取り扱いがございます。
微粉肥料は約200mlの水に専用スプーンすりきり一杯に希釈して使用します。発芽し、本葉が出てきてから使用することにより、植物の発育を大きく促します。


【微粉肥料をご希望の方はこちらまで】